福祉のあるデザイン

福祉のあるデザインについて

福祉のバリアフリーのデザイン

高齢者が進み福祉の考え方が重要になっている現代社会では、その実践方法が大きなテーマとなっています。その中の一つとしてバリアフリーのデザインの考え方は大きな課題となっており、その実現方法がテーマとなっています。しかし、バリアフリーは基本的に高齢者が快適に生活出来るような環境を整えることですが、過度に高齢者に配慮をする余り健常者が不便になる様なものでは本末転倒です。健常者も高齢者も双方が快適に生活出来るようなデザインを行うことが福祉においては重要です。効果的な共存を実現する事が現代社会に於いては非常に重要な事なのです。

バリアフリーはみんなに良いこと

バリアフリーとは障害や障壁がないという意味を持つ言葉です。普段の暮らしや社会の中で、物理的・心理的・あるいは情報などに関する障壁を取り除き、お子さん・お年寄り・障害者の方たちにも、安全で生きやすい世の中を目指していこうという、特に近年社会福祉で重要視されるようになった考え方です。誰にとっても便利で利用者を選ばない、ユニバーサルデザインとも、深くつながっています。要は、障壁(バリア)をなくしみんなが暮らしやすい世の中を作っていこうということなのです。道路などの段差をなくしたり、階段ではなくスロープを作ったりすることは具体的なバリアフリー化になります。でも、もっと大事な問題として、目には見えない心の障壁の問題は忘れられがちです。社会福祉の現場だけの他人ごとだと思わない、想像力が何よりも重要です!

バリアフリーに関する情報

↑PAGE TOP