福祉と住宅展示会

福祉と住宅展示会について

福祉社会のための住宅展示会

最近、バリアフリー化した住宅が増加しております。その傾向の裏には、誰もが暮らしやすい社会環境を整備したいという人々の考えがあります。一般的には床の段差を解消したり、外の玄関へスロープを整備したりなどが挙げられる。その様な整備事業は、福祉施設でも多く行われております。介護の現場では、ベッドを介助しやすくするためにリクライニング機能がある商品に変更したり、浴槽に入れる際に機械を用いて、介助者の腰に負担を掛けない用にするなども整備事業に入ります。その様な機械やベッドなどは、実際に触れて体験した方が良いため、展示会に行く事を推奨します。そのようにして、福祉の現場がより充実して豊になって行って欲しいと願っております。

バリアフリーの重要性に関して

福祉環境整備がもっとも必要な場所は住居です。住居は、人々が一番長く生活する場所でだからです。住居の整備が充実することにより長く生活する事が楽しくなります。長くこの場所にいたいと思えるようになれば良いです。それを実現するために一番最初に思い付くのが床やドアのバリアフリー化です。歩行する経路の段差が解消されれば自由に部屋に行き来が楽になります。車イスの場合でも段差を越えることがなく走行が億劫になりません。ドアも開き戸を引き戸に変える事も歩行を楽にする一つの手段です。福祉と住環境の整備は切っても切れない関係のため、平行に整備を進めて欲しいです。

バリアフリーに関する情報

↑PAGE TOP