福祉に関係のある法律

福祉に関係のある法律について

福祉でのバリアフリー新法とは

障害者や高齢者が日常生活で安心して活動できるように定められたバリアフリー新法は移動の不便を無くすことで交通機関や施設利用を促し、福祉の充実と自発的な社会参加を目的としています。この法律の対象は学校・病院・役所等多くの人が利用する公共施設で、特に2,000㎡以上の大規模な建物は特別特定建築物としてバリアフリー適合義務があります。具体的には室内の段差排除、人と車椅子が同時に通れる程の通路確保が基準で、他にも身障者用トイレやエレベーター、専用駐車場の設置等です。また福祉の為に増改築を行う際は認定申請の手数料免除や工事費の低金利融資等が認められています。

身体障害者だけではない

障害者福祉においてバリアフリーとは単に段差や点字ブロックをするのだけがバリアフリーではありません。福祉の対象者には目に見えてわかる身体障害者だけでなく知的障害者や精神障害者の人もおり、そちらに対する配慮をするのも身体障害者に対する配慮と同じくらい大切なことになります。知的障害の人がパニックになったら優しく声をかけたり、精神障害者が混乱した場合に精神安定剤の服用を促すのもかなり大切なことになります。そのような事に注意できるのが、今厚生労働省が目指している健常者も、障害者もみんなが共存できる社会です。

バリアフリーに関する情報

新着情報

↑PAGE TOP